■最新情報


UPDATE
  • 01/11/23
    熊本バレエ友の会』の案内を追加
  • 01/11/14
    ホームページ公開!
  • くるみ割り人形

    ■助成/(財)熊本県立劇場 第43回 熊本県芸術祭主催行事
    熊本バレエ劇場
    ★くるみ割り人形★
    P.I.チャイコフスキー

    ときめいてクリスマス☆☆☆
    バレエの妖精たちからの贈り物

    2001年11月23日(祝)ひる2:00 よる6:00

    ■芸術監督/伴 征子 ■演出・振付/石井 清子
    ■指揮/福田 隆
    ■演奏/熊本ユースシンフォニーオーケストラ、熊本児童合唱団
    ■バレエ/熊本バレエ劇場・熊本バレエ研究所ピックアップメンバー

    ■スタッフ
    バレエミストレス…山田登貴子
    指導……奥村文枝
    甲斐田 栄
    日高千加子
    前川 智子
    白奥 薫
    助手……杉村 朋子

    舞台美術…妹尾 河童
    照明……色川 伸
    衣裳……緒方規矩子
    (クララの家の居間 お菓子の宮殿)
    衣裳製作…大井 昌子
    君野美恵子
    蔵本 典子
    アトリエHINODE

    合唱指導…………上村 澄春
    大道具製作………東宝舞台
    大道具設営………吉本美術 吉本政弘

    小道具……くば工房
    冠りもの…小寺 洋子
    だき人形・お面製作…黒木喜久代

    人形芝居協力……
    人形芝居かすぺる

    舞台監督…伴 美代子

    ■主催/熊本バレエ劇場
    熊本ユースシンフォニーオーケストラ
    熊本県文化協会
    ■協力/熊本労音・熊本県子ども劇場協議会
    ■後援/熊本県教育委員会・熊本市教育委員会
    熊本日日新聞社・熊本放送

    ●お問い合わせ/
    熊本バレエ劇場公演事務局
    TEL096(343)0091
    熊本バレエ研究所 〒860-0856 熊本市妙体寺町6-5 FAX096(346)3259


    ●チケットのお求めは
    県立劇場、鶴屋ウイング館
    交通センター・武蔵プラザの各プレイガイド
    熊本労音、熊本県内子ども劇場
    好評発売中!!
    夜の部B席、学生席残りわずか、購入はお早めに!


    全指定席
    A席 7,000円
    B席 6,000円
    学生席3,000円

    お問い合わせ:TEL096(343)0091


    ●3歳から入場券が必要です。●3歳未満のお子様の同伴、入場は出来ません。
    ●有料駐車場が混雑する場合もございます。なるべく公共交通機関をご利用下さい。
    ●よるの部終演後、臨時路線バス(交通センター・熊本駅行)を運行いたしますのでご利用下さい。



    −−−−−−−−




    子どもたちの夢をはぐくみ。大人たちの懐かしい思い出を誘う…

    熊本バレエ劇場
    くるみ割り人形
    P.I.チャイコフスキー

    ■ゲスト
    江本 拓(山路留美子バレエ研究所)
    齊藤 拓(谷桃子バレエ団)
    春野雅彦(東京シティバレエ団)
    ホワン・カイ(東京シティバレエ団)

    鈴木幸二郎(石井清子バレエ研究所)
    八幡 顕光(石井清子バレエ研究所)

    ■主な出演者
    <熊本バレエ劇場>
    岩村  誠・上野 陽子・奥村 可南・奥村 文枝・甲斐  梢
    甲斐 千晶・上妻 利博・後藤那津子・白奥  薫・杉村 朋子
    林 真樹乃・東  美歩・日高千加子・弘 明日香・古田  耕
    前川 智子・山本恵里香・山家有希子・渡辺 瑶子

    くるみ割り人形とは、かたいくるみを割る器具を木製の人形に仕立てたもの。
    クリスマスプレゼントにくるみ割り人形をもらった少女クララが出会う、一夜の夢物語の始まりです・・・


    物語

    楽しいクリスマスの宴も済んだ深夜、ねずみの大群に襲われ苦戦していたくるみ割り人形は、機転を利かせたクララに助けられました。魔法が解け王子の姿にもどったくるみ割り人形はクララとともに降りしきる雪の中をお菓子の国へと旅立ちます。−幻想的な雪景色の中での雪の精たちの踊り、お菓子の国でのディヴェルティスマン、花のワルツ、そしてクライマックスはこんぺい糖の精のグラン・パ・ド・ドゥ。目もくらむばかりの楽しさが、チャイコフスキーの名曲にのって全編いっぱいに繰り広げられます。


    見どころ

    新世紀初の熊本バレエ劇場「くるみ割り人形」。新キャストはこんぺい糖の精に熊本バレエ劇場のプリマ林真樹乃、クララに同じく甲斐梢を配し、林のパートナーに東京シティバレエ団プリンシパルのホワン・カイ(上海市舞蹈学校出身)、くるみ割り人形に谷桃子バレエ団プリンシパルの齊藤拓を迎えます。
    華やかなこんぺい糖の精と王子、愛らしいクララ、りりしいくるみ割り人形…。若さと洗練度を増した舞台が皆様を魅了することでしょう。
     演奏は、おなじみ熊本ユースシンフォニーオーケストラと熊本児童合唱団。福田隆指揮のもと、若さ溢れるバレエと音楽の響演をお楽しみ下さい。
    −熊本バレエ劇場では、1975年から<熊本バレエ劇場>の名を冠した公演を行っており、「くるみ割り人形」はその代表的作品です。初演以来47ステージを数える今日まで、のべ4万8千人の方々にご覧いただいてきました。さらに昨年は、熊本バレエ劇場25周年、熊本バレエ研究所創立50周年を記念して、かねてより親交のある中国上海市舞蹈学校の協力により「眠れる森の美女」全幕を再演。これらの活動は中央でも注目され、「バレリーナへの道」・「ダンスマガジン」などでたびたび紹介されています。
     熊本の皆様に愛されて25年、熊本バレエ劇場の「くるみ割り人形」は、出演者・スタッフとも地元熊本の力を結集した作品です。「くるみ割り人形」を”ゆりかご”に育った新時代を担う若者たちの、輝くようなアンサンブルにどうぞご期待ください。